「夜食」もとり方次第では、ダイエットの妨げにならない

ダイエットに「夜食」はNG?

カロリー制限・食事制限を行なうダイエットでは、「夜食」は厳禁なのでしょうか? ダイエットに関して、よく耳にするのが「夜9時以降は何も食べてはいけない」という言葉です。 この理由には諸説がありますが、そのひとつが夜9時以降は人間の活動が鈍り、エネルギーの消費量が減少するという考え方によるものです。

食物は人間のエネルギー源として欠かせないものですが、過剰に摂取すると脂肪となって体に蓄積されます。 そこで、体重や体脂肪を減らすことを目的とするダイエットでは、エネルギー消費が鈍る時間帯に食物を摂るのはNGということになるわけです。

もうひとつの理由として、夜間は人間の副交感神経が多く働くからという説があります。 副交感神経とは、人間が休息したりリラックスしているときに働き、疲労やダメージを修復する作用がある神経系です。 人間が昼間活動して溜まった疲労やストレス、ダメージは、夜副交感神経が働くことによって解消されます。 この副交感神経が働いている時間帯にはエネルギー消費が抑えられ、摂取した食物は消費されにくくなって脂肪として蓄積されます。

では、活動が鈍り消費エネルギーが減る夜の時間帯には、食物は一切摂取しないほうがいいのでしょうか。 ダイエットの観点からいうと、多量の食物を摂るのは好ましくないのですが、大きな空腹感を感じるようであれば多少は何か食べたほうがいいといわれています。

というのは、空腹感が激しかったり、長時間にわたって空腹状態が続くと、次に食物を摂るときには過剰に食物を摂取してしまったり、栄養分の吸収率が高くなってしまうからです。

夕食から朝食までの時間が開き過ぎたり、夜間の空腹感が激しい場合は、低カロリーで消化のよい食物を少量摂ることもダイエットには必要となります。 ダイエット中の夜食としては、海藻スープやところ天、温めたミルクなどが適しています。